どうして避妊できるのか|アイピルって何?女性はしっておきたいアフターピル情報

どうして避妊できるのか

カプセル

アフターピルのアイピルとは、性行為をした後に服用することで避妊効果が得られるお薬のことです。
避妊をして性行為をしたにも関わらず、避妊に失敗してしまった…という場合でも、アフターピルがあれば避妊することができます。

アイピルは、性行為後早く服用すればするほど高い避妊効果が得られると言われています。
性行為をしてから24時間以内に服用すれば得られる避妊効果は95%以上、25~48時間以内に服用すれば85%以上もの避妊効果が得られます。また、49~72時間以内に服用すれば58%以上の避妊効果が得られます。
72時間以内に服用することが推奨されていますが、72時間を経過してしまった場合でも避妊効果は得られますので、諦めずに服用しましょう。

また、どうしてアイピルを服用することで避妊効果が得られるのか?仕組みを把握していない方も居るでしょう。しかし、自分が服用するお薬のことはしっかり薬の効能について把握しておく必要があります。

アイピルとは、薬の主な成分は女性ホルモンです。女性ホルモンというのは、体に様々な働きかけをしていて、妊娠にも大きく関わっています。そして、女性ホルモンを大量に摂取することで、体を妊娠に近い状態にします。そうすることで、受精卵の生成を抑制し、受精卵ができたとしても着床を防ぐことができます。その結果、妊娠を防ぐ効果が得られます。

アフターピルを常に携帯していれば、緊急時であってもすぐに服用することができます。そのため、女性はお守りのかわりとして携帯しておくことをおすすめします。